GOバトルリーグ(わざ紹介編)

トレーナーバトルでは、ジムやレイドと異なるわざの効果、威力、エネルギーが採用されています。
また、ジムやレイドでは、とにかく強力なわざを連打することが必勝法ですが、トレーナーバトルでは、威力は弱くても素早く打てるわざと時間はかかっても強力なわざを組み合わせたり、自分の攻撃力を上げたり、相手の防御力を下げたりする、いわゆるバフ効果/デバフ効果を使って戦いを有利に展開したりと、使うわざによって様々な戦い方ができます。
ここでは、わざの使い方の基本や、おすすめのわざについて紹介します。

わざの基本

Pokémon GOのポケモンが使うわざには、ノーマルアタック(わざ1)とスペシャルアタック(わざ2)があります。わざ1を使うことで、わざ2を使うためのエネルギーがたまり、あらかじめ設定されたエネルギーの量に達すると、わざ2を打つことができるようになります。基本的な戦い方は、Pokémon GO公式サイトで紹介されているので、そちらに譲るとして、ここでは、戦いを有利に進めるためのわざの使い方の基本について説明していきます。

わざを使う際には、タイプ、威力、わざ1の1回の発動で貯められるエネルギー量(EPtank)、1回の発動にかかる時間(硬直フレーム)、付加効果(バフ/デバフ効果)がかかわっています。

  1. タイプ
  2. 威力
    • 1回の発動で与えられるダメージ量で、わざ1、わざ2それぞれに設定されています。
    • 使うポケモンのタイプとわざのタイプが一致することで、ダメージ量は1.2倍になります。これを「タイプ一致ボーナス」と呼んでいます。
    • タイプ相性によって、与えられるダメージが増減します。詳しくは当サイトのタイプ紹介ページをご覧ください。
    • わざの発動には設定された時間(硬直フレーム)があるため、指標としては、1ターン(フレーム)単位で与えられるダメージの量を表す「DPT」がよく用いられます。
    • DPTは、「威力/硬直フレーム」で表すことができます。例えば、威力が4で硬直フレームが2の場合、DPTは2.0です。
  3. EPtank
    • 1回の発動で貯められるわざ2のエネルギーの量で、わざ1にのみ設定されています。
    • わざの発動には設定された時間(硬直フレーム)があるため、指標としては、1ターン(フレーム)単位で貯められるエネルギーの量を表す「EPT」がよく用いられます。
    • EPTは、「EPtank/硬直フレーム」で表すことができます。例えば、EPtankが9で硬直フレームが2の場合、EPTは4.5です。
  4. 硬直フレーム
    • 1回の発動から次の発動までにかかる時間の長さ(わざの発動によってポケモンが硬直するフレーム数)で、わざ1にのみ設定されています。
    • わざ1によって与えられるダメージは、硬直フレームの終了直前に相手に入ります。よって、硬直中にダメージを受けてひんし状態になると、相手にダメージを与えられずに交代させられてしまいます。
  5. 能力変化(バフ/デバフ効果)
    • わざの発動にあわせて自分や相手の能力(攻撃力又は防御力のステータス)を変化させる効果のことで、わざ2にのみ設定されています。
    • バフ効果は、ステータスを上方に変化(アップ)させる効果です。
    • デバフ効果は、ステータスを下方に変化(ダウン)させる効果です。
    • バフ効果もデバフ効果も、使うわざによって自分に起こったり相手に起こったりします。
    • 一般的には、自分へのプラスの影響(攻撃力や防御力のアップ)や相手へのマイナスの影響(攻撃力や防御力のダウン)がある場合、威力が弱かったり、必要なエネルギー量が多かったりします。また、自分へのマイナスの影響(攻撃力や防御力のダウン)がある場合、その分威力が強かったり、必要なエネルギー量が少なかったりします。
    • ステータスの変化には、わざによって発生確率が設定されており、10%、20%、50%、100%でそれぞれバフ/デバフ効果が発生します。確率が高いほどわざの威力や必要なエネルギーの設定が弱くなっているのはバフ/デバフ効果のプラス/マイナスの影響と同じです。
    • 1回のステータスの変化率は2段階あり、効果が発生した際にコメントされます。「あがった/さがった」=1段階、「ぐーんとあがった/さがった」=2段階です。また、これを積み重ねることで最大4段階まで変化します。実際の効果は下表のとおりです。
段階バフ効果デバフ効果
1段階1.25倍0.8倍
2段階1.5倍0.66倍
3段階1.75倍0.57倍
4段階2.0倍0.5倍

おすすめわざ

当サイトがおすすめするわざをご紹介します。

ノーマルアタック(わざ1)

りゅうのいぶき

威力:4、EPtank:3(EPT:3.0)、硬直フレーム:1(0.5秒)

特徴:とにかく素早く連打して、ダメージを与えられるわざ1。たまるエネルギーはそれほど多くないが、素早さ(硬直フレームの少なさ)と威力、何よりドラゴンタイプでほとんどのタイプに等倍のダメージを与えられるので、出だしからわざ1で相手のHPを削っていくのにおすすめ。

マッドショット

威力:3、EPtank:9、硬直フレーム:2(1.0秒)

特徴:威力は弱いが、EPtankが最高クラスで、わざ2を高速で打つことができる。タイプ一致であれば、威力も追加されるので、最強のわざ1と言っても過言ではない。

シャドークロー

威力:6、EPtank:8、硬直フレーム:2(1.0秒)

特徴:威力も高く、EPtankも高い、バランスの取れたわざ。相手のHPを削りながらわざ2を素早く打つことができる。ゴーストタイプではぜひ覚えさせたい。

つるのむち

威力:6、EPtank:8、硬直フレーム:2(1.0秒)

特徴:シャドークローとタイプ以外は全く同じわざ1。威力も高く、EPtankも高い、バランスの取れたわざ。相手のHPを削りながらわざ2を素早く打つことができる。くさタイプではぜひ覚えさせたい。

カウンター

威力:8、EPtank:7、硬直フレーム:2(1.0秒)

特徴:硬直フレーム2の中で最高クラスの威力で、EPtankも高い、優秀なわざ。いわ、こおり、はがねなどかくとうタイプが強い相手には特に効果が高く、常に環境で出現率の高いはがねタイプ対策には欠かせない存在と言って過言ではない。

どくばり

威力:3、EPtank:9、硬直フレーム:2(1.0秒)

特徴:GOバトルリーグのシーズン9で見直され、威力やEPtank、硬直フレームなどはマッドショットと同じになった。くさやフェアリー対策に有効。

でんきショック

威力:3、EPtank:9、硬直フレーム:2(1.0秒)

特徴:威力やEPtank、硬直フレームなどはマッドショットと同じで極めて優秀なわざ。みずやひこう対策に有効。

サイコカッター

威力:3、EPtank:9、硬直フレーム:2(1.0秒)

特徴:威力やEPtank、硬直フレームなどはマッドショットと同じで極めて優秀なわざ。どくやかくとう対策に有効。

バークアウト

威力:5、EPtank:13、硬直フレーム:3(1.5秒)

特徴:威力とEPtankがどちらも高めで、バランスの取れたわざ。硬直フレームが3と少し多めで使い方には注意が必要。あくタイプのポケモンに覚えさせたい。

ロックオン

威力:1、EPtank:5、硬直フレーム:1(0.5秒)

特徴:EPtankが最高で、わざ2を最も素早く打てるわざ1。威力が低いため、わずかに残ったHPであっても起点にしにくいデメリットはあるものの強力なわざ2を連打するスタイルには最適と言える。レジスチル、ポリゴンシリーズなどが覚える。

スペシャルアタック(わざ2)

ドリルライナー

威力:80、エネルギー:45、能力変化:なし

特徴:素早く打てることに加えて、威力もそこそこというバランスの取れたわざ2。どく、はがねに強く、一発逆転が狙える。

シャドーボール

威力:100、エネルギー:55、能力変化:なし

特徴:高火力で素早く打てる典型的なわざ2。エスパー、ゴーストに効果バツグンになるほか、多くのタイプに等倍でダメージが入る優秀なゴーストわざなので、覚える場合はぜひ習得させたい。

のしかかり

威力:60、エネルギー:35、能力変化:なし

特徴:威力はそれほどでもないとはいえ、エネルギーが35で、最高100蓄えられるエネルギーで3回近くもわざを打つことができる優れたわざ。多くの相手に等倍の威力で攻撃できるのも良い。

ウェザーボール

威力:55、エネルギー:35、能力変化:なし

特徴:威力はそれほどでもないとはいえ、エネルギーが35で、のしかかりと同様、最高100蓄えられるエネルギーで3回近くもわざを打つことができる。覚えるポケモンのタイプなどによってわざのタイプも異なる。

メガホーン

威力:110、エネルギー:55、能力変化:なし

特徴:高い威力のわりに、エネルギーが55で、最高100蓄えられるエネルギーで2回近くもわざを打つことができる。くさ、エスパー、あくに強い特殊なむしわざで貴重な存在。

ハードプラント ※レガシー

威力:100、エネルギー:45、能力変化:なし

特徴:威力が高いうえに、エネルギーが45で、最高100蓄えられるエネルギーで2回以上わざを打つことができる優れたわざ。レガシーわざなので、コミュニティ・デイかすごいわざマシンスペシャルで習得する必要があるが、驚異的な威力と回転率から考えて、その価値のあるわざといえる。

ブラストバーン ※レガシー

威力:110、エネルギー:50、能力変化:なし

特徴:威力が高いうえに、エネルギーが50で、最高100蓄えられるエネルギーで2回わざを打つことができる優れたわざ。ハードプラントと同様、レガシーわざなので、コミュニティ・デイかすごいわざマシンスペシャルで習得する必要があるが、驚異的な威力と回転率から考えて、その価値のあるわざといえる。

ハイドロカノン ※レガシー

威力:80、エネルギー:40、能力変化:なし

特徴:威力がそこそこ高いことに加えて、エネルギーが40で、マッドショットなどのエネルギー蓄積に優れたわざ1と組み合わせて素早く繰り返し打つことができる優れたわざ。ハードプラント、ブラストバーンと同様、レガシーわざなので、コミュニティ・デイかすごいわざマシンスペシャルで習得する必要があるが、驚異的な威力と回転率から考えて、その価値のあるわざといえる。